●瞑想のすすめ

皆さん、こんにちは。

今回は「瞑想」についてです。

近年では、マックス瞑想システムTMやマインドフルネス瞑想など、多くの人々が瞑想を生活の中に取り入れている方も多くなってきていますね。

企業や団体の研修などでも取り入れていたりしています。

中でもヤフージャパンでは、社員の意識向上のために、毎朝、職場で実践しているというニュースも見ました。

毎日、わずかな時間でも、静かに心を落ち着けて、自分の内面と向き合い、落ち着いた気分をキープできるよう、瞑想をする習慣を持つことをおすすめします。

私も、一日のエネルギーチャージとして、毎朝実践しています。
瞑想をやった日とやらなかった日を比べると、気分が全く違います!!

 

●瞑想の効能

さて、

瞑想(メディテーション)は、人間のマインドをより神の意識へと近づけて、自分の本質にしっかりとつながりを持って生きていくことができるようにするものです。

日常生活において、ベータ波の状態、つまり感情や思考の中に置くのではなく、自分の脳波をアルファ波、理想はシータ波ですが、このような波動の高い状態で過ごすことで、人の生活スタイルは平和や愛、豊かさや希望に満ちた、よりシャンバラ(理想郷)に近いものとなるのです。

そうした日頃からの基本的な生活スタイルは、近年は、特に大事になってきています。

瞑想を生活に取り入れることによって、人の思考や感情は整理され、自然や宇宙の波動といったより高いものと自分を同調させることができます。

そうすると、自分の内側においては、本当の美しさや愛、慈悲心の占めるウェイトが大きくなっていきます。

そうすると、自分のすべてのレベルにおいて高い波動をキープできるようになり、生活において人との無用な争いや、行き違い、対立、それによるストレス、あるいはエネルギーの無駄使いといったことが減っていきます。

瞑想を通じて自分の波動を高い状態にキープし、日々の生活を改めていくこと、これが私たち人間にとって、まずは簡単にできる取り組みと言っていいでしょう。

 

●スピリチュアリティの開花

いま、地球では瞑想に興味を持ち、実践する人々が非常に増えています。

その理由は、(一つの生命体である)地球自体の波動が上昇し、宇宙のエネルギーに同調しはじめており、そこに住む人間もそれに影響を受けているからです。

会社で働き、家庭生活をし、友人同士の付き合いや余暇を楽しむといった、いわゆる普通の生活パターンがありますが、この日常生活の中にスピリチュアリティという高い波動のエッセンスが加わると、日常生活の様々な側面が、もっともっと創造的になり、バラエティに富み、そして喜びに溢れたものへと変化していきます。

つまり瞑想は、今の自分の生活を、よりクオリティの高いものへと、そのまま変えていきます。

さらに瞑想をすると、多様な効果が認められます。

これまで自分で一生懸命に頑張ったり、努力したり、義務を果たしたり、闘ったり、他者と競争したりといった、無用なエネルギーの消費をする生き方に限界があるということも教えてくれます。

別の言い方をすると、瞑想は、頑張ってもできないことを無理やりしたり、人に押しつけたり、怒ったり、自慢したりといった心の負荷やストレスを軽減してくれます。

瞑想を実践することで、今のごく自然な日常生活一つひとつをそのまま行いながらも、より進化・成長した質の高い人生へと変わることができるのです。

瞑想を通じて、心の中に余裕ができてくると、本当のあるべき生活、自分の本当の人生とはどのようなものかに意識を向けるようになるでしょう。

また、自分の生活の中で、美・喜び・愛を感じていき、人生を創造的に過ごしていく方法に気がついていくと思います。

まずは自分のマインドの中に、シャンバラ(理想郷)に同調した波動を作り上げていくこと。それを日常的に、習慣的に行うことによって、自分の内側からシャンバラを創造するということです。全てのカギは自分の中にあること。本来人間に備わっている当たり前のことに、気がついていきます。

そして自分の人生の目的は何か?自分は一体誰で、何をしに生まれて来たのか?そして未来はどうなっていくのか?など人生の視界が良好になってきます。

日々の瞑想によって、人間がそのように本来在るべき状態へと戻っていきます。

まずは物質レベルに、非常に凝り固まってしまった人間のマインドを修正し、そのマインドを解き放ち、自由にさせ、創造的な人生を掴むために、瞑想の目的があると言っていいでしょう。

いま、世界中の人々が瞑想に取り組んでいます。

また、自分自身を内観するひとときを持つようになったり、他者と愛や夢や希望について語り合うようになったり、そして一人ひとりが自分の内側にしっかりと向き合い自分についての真実を考えるようになったりする傾向が見られます。

瞑想の目的は、瞑想によって自身のスピリチュアリティを開花させて、それを豊かにし、神聖なる自分自身を思い出すことでもあります。

 

●瞑想の方法

世の中には瞑想や座禅とか、様々な方法や流派があります。これについては「これが良い、これは悪い」といったこだわりが生まれる傾向もあります。しかし、瞑想の真の目的にフォーカスしていれば、どんな方法でも構いません。

自分がリラックスし、自由な姿勢で、解放された状態。ゆっくりと落ち着いて行えることが一番の条件です。

あえて比較的、有効な瞑想の方法を挙げるとすれば、瞑想中にしっかりとチャクラのエネルギーが流れるようにすることです。ですから上体を起こすことが必須です。そしてゆったりとした呼吸を身体に与えます。心を落ち着かせるホルモンの分泌を促すためです。

そのほかは、それぞれのやり方に従いながら、自分がその瞑想法で望ましい状態をキープしやすいかどうかを判断して、自分自身の生活に取り入れていけばよいでしょう。

瞑想時間の長さについては、個人差が大きいポイントです。初心者はなかなか瞑想に入りづらく、またわずか10分であっても長く感じられます。一方、熟達者にとっては1時間の瞑想もあっという間、という場合も多いでしょう。また熟達者は深く内側に入ることができます。

つまり、瞑想時間の長短は、その人の熟練度に応じて変わります。初心者にとっていきなり1時間瞑想するのは酷ですし、熟達者には10分は不足です。

ですから、瞑想の方法は、初心者から熟達者それぞれに応じたやり方を考えつつ、その熟達度に応じて変えていけばいいでしょう。世には瞑想に関するいろいろな解説が出ているので、自分なりに行っていくとよいでしょう。

 

●心の美

シャンバラ(理想郷)では、すべての人類が、日々の生活の中に、長時間の瞑想を取り入れています。1時間か2時間か、それは人によって違いがあります。

ただ常に、アルファ波やシータ派の脳波をキープしています。これによって人はいつも自分の中にある神聖さを感じており、心は美しさや喜びに満たされ、そして善なる行動を取っています。

カバラで説明すれば、「生命の樹」で言うティファレト(美)以上のセフィロトが開いている状態です。つまり意識はティファレト以上にシフトしている。そのような状態になっています。

そのような世界において争いがないということはありませんが、これまで人類が起こしてきた戦争のように過酷なものは少なくなっています。人は皆、神の意志にいっそう近づいており、神の愛と慈悲、正義と善といった方向にシフトしているため、永遠の中の時間をしっかりと感じながら生きています。

そのような世界に至るための基本的な条件として、人には日々の瞑想が必須です。美しい人生を送りたいのであれば、瞑想をこよなく愛すること。

これが、来るべき理想世界シャンバラを創造する大事な鍵となるでしょう。

⭐️

P S;

●瞑想が初めての方から熟達者まで、どなたでも効果的な瞑想ができる

「マックス瞑想システムTM」をご紹介します。

YouTubeでも無料動画を配信中。瞑想を誘導してくれますので、ぜひ、お試しください。

https://www.youtube.com/watch?v=Vds5-q-4FE4&t=496s

 

●ヒーリングサロン ラピスブルーでは、、

毎月、「マックス瞑想システムTMとチャネリングを楽しむ会」を開催しています。

日程は決まり次第H Pにてお知らせしていますので、皆様のご参加をお待ちしています。

http://www.lapisblue7ray.com/archives/18158